悲しみの乗り越え方
2008 / 02 / 11 ( Mon )
もうすぐバレンタインデーv
この日は祖母が亡くなってから「おばあちゃんの日」になってしまった。
母方の祖母はゴットファーザーならぬゴットマザーで、
おばあちゃんは無口な人でしたが、語らぬ愛がの奥深さを感じさせました。
お花が大好きで、リトルに来ては自分で花を選び
私の花にダメだしをすることもありましたにっこり

100まで頑張ると言っていたのに三年前の14日、
突然、天国へいってしまった。
全国に散らばった孫26人の内、男の子が11人いるのですが、
訃報が届く日に、おばあちゃんからチョコレートアップロードファイルが届いたそうです。
なかなか粋なおばあちゃんでした。


私には不思議な才能?があるようで、悲しみを乗り越える時
普段はしないことをするようです。
祖母の時は「マンガ」が描きたくてしょうがなくて、(私がマンガを描くなんて普段は考えられない!)
祖母が天国へいくまでのストーリーをスラスラとそれは上手に書き上げました。
それは私が描くというより、祖母が描いているような感じで
結構おもしろいです、たまに出してきて見ては泣き笑いしますsc02

TAKEが天国にいった時はぬいぐるみを作りました。
これもやったことのないことでしたが、手に覚えてる彼のサイズをたよりに
気分はピノキオのゼペット爺さんです。
しかも、ものすごいスピードで仕上げます。
私の分、母の分、祖母の分、妹の分だんだん小さくなって
4つ作り終わった時にやっとさよならできました、怖い?
分離していた自分が一つに戻っていくような感覚でした。
お店で作っていたのでお客さんに、
「このぬいぐるみを散歩させてたら注意してね」なんて冗談言ってました。

VFSH0096.jpgぬいぐるみのTAKEは動かないので、たまにコロコロでホコリをとります♪




追記です。

ペットロス・・・
家族として一緒に過ごした動物が天国に行ってしまうと
助けてあげられなかった・・・とかなにかしらの後悔や無気力感、
彼らは幸せだったろうかと、思いあぐねてしまします。

もう二度と飼わないと思ったり、早く新しいコを迎えようとか
自分も彼らのところに行ってしまいたいとかさまざまな思いがあると思います。
私のブログの中のタイトル「TAKE」のところにあるように、
天国に行った彼らは、その後も私達に笑顔をくれます。
そして笑っている私たちと一緒にいます。

ネット検索で「虹の橋」も探してください。
私たちも、お客様から教えていただいた「虹の橋」で
とっても救われました。
そして、ここでこの記事に目を通されたなら
それも彼らのくれた縁だと感謝します。
彼らのくれた笑顔をとりもどしましょうねrainbow



関連記事

テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

13 : 41 : 38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<< | ホーム | なっちゃんを救った花のエネルギー>>
コメント
----

生き物は死んだ後、千の風になってどこへでも行くことができるようになるのかもしれないです。
もしかしたら光よりも早く星間を移動できるのかもしれない。子供の頃そんな夢を見たような気がします。
by: ピンピンシニア * 2008/02/12 05:47 * URL [ 編集] | page top↑
----

おはようございます♪おばあちゃんの告別式で妹が千の風を読んだのですよe-420私は子供の頃、天からいろんな見えない線が私達をマリオネットのように操り、動かしていると思っていましたe-274
by: bee * 2008/02/12 08:09 * URL [ 編集] | page top↑
--たくさんの愛と思い出に.....合掌。--

ハチさんの働きは、すごい!の一言ですね。

英国王立園芸学会研究員のとある方など、
>マルハナバチが、異常気象で激減した年には、いくつかの植物種が絶滅の危機に陥った。
と、発表されたほどですから。

☆ちなみに キリ番ゲット! 1000です!

 ~Beeさんにも幸運の四つ葉が舞い降りますように~
by: Trifolium repens * 2008/02/12 19:16 * URL [ 編集] | page top↑
----

やっぱりハチさんすごいですね。
お店の名前を決める時、いくつか候補があがありましたが、一番ピンときたのがLittleBeeでした。 
宇宙と一体化して図らずもまわりに花を咲かせる、ハチさんにならいたいことがたくさんあります。
by: bee * 2008/02/12 20:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://littlebee.blog25.fc2.com/tb.php/78-f807a2e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |