花の水揚げ方法

ByLittleBeeFlower

昨日、花市場の男の子に花の水揚げについて聞かれました。
花の水揚げ方法は、花によっていくつかやり方が違って
それぞれのお店でも微妙に違ったりして
花屋さん同士でも意見交換したりすることがあります。

花屋さんのブログなのに、この手の話題がなかったな~と思い、
これからは時々、お花の水揚げのコツなど
紹介しようと思いますにっこり

新鮮な花は茎の切り口を1,2センチほど切って
水に挿すとほとんどよく水を吸い上げますが、
水が汚れてきてもそのまま飾っていては、持つ花もすぐ萎れてしまいます。
上手く扱って、お花のエネルギーを長く楽しんでくださいね。

①切って水に挿すだけ。
②湯上げ
③水切り
大きくわけてこの3つの方法が水揚げの基本です。

②湯上げは、お鍋に湯を沸騰させたところへ、茎の新鮮な切り口を2~5センチほど
その湯に10秒ほどつけます。
サッと冷水の入ったバケツなどに花を戻して、30~60分してから
湯につけたところをカットして、花瓶に活けたりアレンジにしたりします。
③水切りとは、水の中に花の茎を入れたまま水中でカットするやり方です。
真空状態で水を吸い上げるので、これは①の強力版みたいな感じです。

flowerユリやチューリップ、フリージアなどの球根で咲く花は
基本的に切って水に挿すだけで水揚げできます。
ユリの場合で、収穫から随分時間が経っている場合や、
早く咲かせたい時には湯上げすることもあります。

水揚げ方の知りたい花があったら、いつでもどうぞ聞いてくださいね絵文字名を入力してください

関連記事
Share

Comments 1

There are no comments yet.

目指せコンシェルジュ  

コメントありがとうございます。

ブログは初心者なんでこれからも宜しくです。
ぼくも、お花と犬が大好きでお花の水上げ参考になりました。
ほいじゃが札幌は寒いんじゃねぇー。
広島も今日からさむーなったよ。
黒いポメって、珍しくて
ほいで、かわいいねぇ。

2008/01/13 (Sun) 20:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply